自閉っ子と家族の日常

3児の育児奮闘中。真ん中で長男のレオは中度知的障害を伴う自閉症スペクトラムです。不思議なレオと家族の日常をゆるりと絵日記でつづります。

特別支援学校に入学が決まるまで⑤

特別支援学校に入学が決定

f:id:kasumi-koto:20181122111346p:plain

f:id:kasumi-koto:20181122111407p:plain

療育センターでの生活をチェック

レオが普段療育センターでどのように過ごしているか、様子を見てもらいました。

小学校の支援学級では担任の先生の数も支援学校に比べると少ないので、どれだけのことが自力でできるのか、というのは大事なポイントになってくるのだと思います。

言葉だけの指示で通るか、言葉で自分の意志を先生やお友達に伝えられるか、

排泄はオムツなのか、トイレに行けるとしても常に手伝わないといけないのか、

食事は介助が必要なのか・・・

あとは、お友達との関わり方、遊び方なども見ていると思います。

お友達と関わるのが好きな子は、同じようにお友達とやり取りできる子が周囲にいる小学校の方が向いていると判断されることがあります。

入学の可否が決定!希望通りでない場合、就学相談が続く場合も・・・

ちょうど去年の今頃、支援学校への入学が決まったと電話がかかってきました。

進路が決まったという事実にとても安心したことを覚えています。

教育委員会とのやり取りはここで終了し、これ以降は支援学校と入学の準備を進めることになります。

しかし、この結果に満足できない場合は、就学相談は継続されます。

話し合いを重ね、就学先が決定するまで2月、3月までかかったという話もよく聞きます。

基本的には親の希望よりも、子の様子で判断されるはずなので、そうそう決定はひっくり返りません。

この辺りの「特別支援学校への入りやすさ」「親の希望の通りやすさ」は、住んでる地域で本当に違うと思います。

 ₍うちは難関と言われている地域です₎

どの家庭も子供の成長や将来のことを考えて、考え抜いて、就学先の希望を出しているので、できれば皆が希望通りに就学できればいいと思うのですが・・・

実際支援学校もパンク状態でなかなかそうはいかないようです・・(地域差ありです)

 

レオは入学してからすごい成長を見せました₍親のひいき目あり₎。

支援学校での生活が良かったのか、たまたまそういう成長する時期だったのか

それはわかりませんが、本人が学校や先生やクラスメイトが大好きで楽しく通っていることは事実です。

 

またその辺りも描いていきたいと思います。

 

切り替えが苦手!

自閉症児は切り替えが苦手な子が多い

f:id:kasumi-koto:20180910171105p:plain

f:id:kasumi-koto:20180910171245p:plain

レオは場面の切り替えが苦手です。

療育センターに通うようになると、毎日クラスのスケジュールがあるわけです。

登園、自由遊びの時間、朝の会、その日のプログラム、給食、園庭遊び、終わりの会、降園・・・

レオはセンターにいた頃、朝の会や終わりの会が苦手でした。

単純に興味がないようでした。

だから、自由におもちゃで遊んでいる時に、「朝の会だから終わりにしよう」と言われてもすぐには終われません。

次に待っている出来事が楽しいものなら終われるでしょうけど、特に興味のない朝の会のために自らおもちゃを片付けることは難しいことでした。

そんなときに担任の先生が取り入れたのが『10数えること』でした。

単純なことですが、要は気持ちの切り替えのきっかけでした。

「今から10数えるよ」「もう少ししたら、10数えるからそしたら終わりにしようね」と予告しながら使っていました。

不思議とレオは納得したようで、10数えると遊びを終わりにすることができるようになっていきました。

これは子供それぞれなので、時計がわかる子なら、「長い針が6にきたら終わりにしようね」とか、アラームが鳴ったほうがわかりやすい子ならキッチンタイマーを使って、「ピピピと鳴ったら終わりにしようね」等、クラスの中でも使い分けていました。

 家での切り替えにも使えるか?

これはいいな!と家でも取り入れてみたのですが・・・家ではセンターとは違い、もっと夢中になってしまうタブレットがあるので、それをすんなり終わらせるのは至難の業・・

レオはアプリや動画が大好きなのです。

 おやつの時間とか、プールに行くよ、とか好きなものが後に待ってれば、10数えるまでもなく終わらせられることもありました。

単に「療育センターに行く時間だよ」「お風呂に入る時間だよ」「寝る時間だよ」の時は、私がいくら呼び掛けても無視されました‥‥聞こえているとは思うんですけどね。

ついイライラしてしまって、漫画の対応のようなことをしてしまうと、もう大失敗です。

レオはパニックなってしまって、「おしまい!おしまい!」と叫び続けます。

終わらなくちゃいけないことは頭ではわかっているだろうし、でも気持ちがザワザワしてしまって本人もコントロールできなくなっているようでした。

「場面の切り替え」も大事ですが、「気持ちの切り替え」もレオには大きな課題です。

家族5人で生活している以上、いろんな予定外な出来事もあって、常にレオのために準備万端に行動できるわけではありませんが、場面と気持ちの切り替えについては、4歳よりも5歳、5歳よりも6歳の方が上手になってきています。

これはレオの精神的な成長もあると思います。

自閉症児には難しいことだと思うのですが、「折り合いをつける」ということを少しずつ学んでいるんですね。

 

特別支援学校に入学が決まるまで④

f:id:kasumi-koto:20180604114109p:plain

f:id:kasumi-koto:20180604114126p:plain

中度知的障害から重度知的障害へ

この就学相談に行く前、レオの知能検査の数値は47でした。

・51~70 軽度知的障害
・36~50 中度知的障害
・21~35 重度知的障害
・20以下 最重度知的障害

上記を範囲を見ると、軽度寄りの中度だったんです。

それが重度の範囲まで下がってしまうとは・・・。

確かに、言葉でのコミュニケーションが取れないレオとしては、47というのは高めの数値だったかもしれません。

実は就学相談の方からも、「失礼ですが・・・本当にこの数値が出たんですか?レオ君の今日の様子を見てますと、この数値はちょっと高めですね・・」と申し訳なさそうに聞かれました。

ですが、ズルをしたわけでもなんでもないのです。

この数値を出した検査を受けたのは、療育センターです。

レオがよく知ってる見慣れた場所で、親同伴で受けました。

(親は後ろで黙って見ているだけ)

レオにとっては、リラックスして、集中できる環境だったのかもしれません。

 

今回の就学相談では、初めての場所、突然の親子分離の後の検査でした。

まったく見通しが立たない中、レオにとっては苦痛な時間だったかもしれません。

本来できることができなかったということもあるでしょう・・。

でも、それがレオのその時点での実力です。

環境が変わったらできない、親が一緒じゃないとできない。

それくらい環境の変化に敏感で影響されやすいということ。

療育センター以外で知能検査を受けるのが初めてだったので、私もそこで初めてレオの弱さを知ったのでした。

 

学校ごっこについても同じ印象を受けました。

療育センターの教室では、何をしていいかわらなくなって、寝転がって泣いてしまうことなんて滅多にありませんでした。

先生の丁寧な声かけや、絵カードや写真など、レオにわかりやすい形でスケジュールがはっきり示してあるからです。

何をしていいかわからないという事態が起こらないのだと思います。

そういう手掛かりがないときに、レオがどうなってしまうか・・・

それがよくわかりました。

 

親の面談が終わったあとレオを迎えに行ったのですが、おもちゃで遊んでいたレオが私の顔を見るなり飛びついてきて「早く帰ろう!」と表情で訴えていました。

すごく不安だったんだろうな・・と思いました。

就学相談は自閉っこたちには負担が大きいです。本当に頑張ってくれました。

 

 就学の判定が出るまでが長い

小学校の特別支援学級希望であれば、親の希望と教育委員会の見立てに相違がなければ、当日のうちに就学先が決定してしまうことが多いです。

特別支援学校の場合は、決定までに時間がかかり、長い場合は翌年まで持ち越す場合もあります。

主人は「支援学校に入れそうですかね?」なんて担当者の方に聞いたりしていましたが

当然何も教えてはもらえませんでした。

地域の小学校に行くのか、支援学校に行くのか・・・そこが決まらないまま冬まで待つのは長かったです。

地域の小学校と支援学校では用意するものも全然違いますし・・小学校では当然ランドセルも必要になってきます。

早めに入学準備しておこう!ってことができないんですから。

(特別支援学校の場合、ランドセルではなく大きめのリュックで登校することがほとんどだと思います)

 小学校の就学時健康診断には行きませんでした

 就学前年度には10月くらいに市区町村から就学時健康診断の通知書が送られてきます。

基本的に学区の小学校で受けます。特別支援学級を希望していても、特別支援学校を希望していても受けることはできます。

ですが、レオは受けませんでした。

上の子の経験から、子供達だけでどんなことをするのかわかっていましたし、レオには無理だと思ったからです。

就学相談でも「レオ君が無理そうなら行かなくてもいいです。ただし、学区の小学校には欠席することを連絡しておいてくださいね」と言われたので、そのようにしました。

 

特別支援学校に入学が決まるまで③

f:id:kasumi-koto:20180428175444p:plain

就学相談に行く

療育センターの先輩ママさん達から、本気で特別支援学校を目指すのであれば、両親揃って相談に行ったほうがいいとか、旦那さんはちゃんとスーツを着ていった方がいいとか、アドバイスをいただいていました。

なんだかお受験みたいですよね・・・(;^ω^) 

(お受験なんてしたことないけどね・・・。)

これに効果があったのかどうかはわかりません。

ですが、私も教育委員会の面談担当の方に実際に「ご両親揃って来ていただいて嬉しいです!」って言われたんですよ。お母さんだけが来る、というパターンも多いのでしょうか。

相談は平日行われますので、お仕事がある方は難しいのかもしれません。

もちろん、いろいろな家庭がありますし、それぞれの事情もあります。

そもそも母子家庭、父子家庭では両親揃ってというわけにはいきませんよね。

要するに、できる限りの熱意を見せておけ、ということなのだと思います。

いきなりの親子分離

受付した後、いきなりの分離でした。レオは自閉症のわりには、初めての場所をそこまで警戒しません。

(不安感が強い子は、初めて見る建物に入ることさえ拒否する子もいます。)

ですが、さすがにこの時は「僕はどこに連れていかれるの?」という不安な顔をしていました。

レオが別室に連れていかれたあと、夫婦と面談担当の方と3人になり、事前に提出した申込書に従って、レオの生い立ちから現在まで、事細かに説明をしました。

(申込書を書いたのは私なので私が話しました。主人は横で聞いていただけです)

レオの特性、好きな遊び、苦手なもの、身辺自立のレベル、コミュニケーションの方法、現在困っていること、就学時に心配なこと、なぜ特別支援学校を希望したのかということ、校区の小学校の支援学級を見学した時の感想等・・・あちらから質問されることも多いし、こっちからも積極的に話しました。

一通りの説明が終わった後、希望の就学先は「夫婦で一致した考えなのか」ということを確認されました。やはりここは一致させておくべきなのでしょうね。

そしてこの後、レオを知能検査の結果を知らされることになりました。

 

続きます。

 

 

特別支援学校に入学が決まるまで②

f:id:kasumi-koto:20180425231135p:plain

就学先について、親の希望と教育委員会の見立てが違ったら?

就学相談の場では、親の希望の就学先を伝えることになります。

そこで教育委員会の見立てと合致していれば問題ないのですが、そうでない場合もあります。

一般級に行かせたくても、特別支援級を勧められる場合もあるだろうし、特別支援級はどうだろうか?と相談して、一般級でもやっていけますよ!と言われる場合もある。

もちろん最終的には親の決断です。

地域の小学校に関しては、比較的親の希望が通りやすいと思います。

 

ですが、特別支援学校はちょっと違いました。こちらが希望したからといって、特別支援学校に簡単に入れるわけではないのです。

(これは私が住んでいる地域の状況なので、入学しやすい地域もあるかと思います。)

支援が手厚い分、入学できる人数も少ないのです。

『重度知的障害の療育手帳を持ってないと、特別支援学校には入れないんだよ』と

レオが通う療育センターの母親の間では当たり前のように言われていました。

(教育委員会としては、決してそういう物差しで区切っているわけではないと言うかもしれませんが・・・)

 

中度知的障害の自閉っ子の就学先は?

レオは当時、中度知的障害の自閉症。確かに重度ではない。重度ではないけれど・・

お話もほぼできない、身辺自立も十分でない、集団行動が苦手であるレオのことを考えると、小学校の特別支援学級では、支援が足りないと思いました。

療育センターのお母さん達とよく言っていたのは、「中度の子に適した就学先がない」ということ。

私も含め、中度知的の子を持つお母さん達は、本当によく悩んでいました。

特別支援学校に入るのは難しいけど、小学校の支援級でやっていける自信もない、と。

小学校の支援級の先生をもっと増やすことができたらいいんでしょうけど、どこも人手不足で、それも簡単にはいかないようなのです。

我が家は、家族会議の結果、就学相談では特別支援学校を熱く希望する!ダメ元で希望する!と決めました。

レオの将来に関する大きな決断です。レオにとって最善の環境を与えてやりたいと思いました。

 

次回に続きます。 

 

特別支援学校に入学が決まるまで①

f:id:kasumi-koto:20180416170337p:plain

就学相談に申し込もう

年長の年になると、早々に来年度の就学について考えなくてはいけない時期がやってきます。

レオは療育センターに通園していたので、療育センターで就学に関する説明会があり、そこで就学活動の流れを学ぶことになりました。

(住んでる自治体によって、流れや名称の違いは多少あると思います)

まず、就学に関する説明会は年長の5月に開催されました。

そこで、レオの就学先を決めるにあたって、教育委員会で就学相談というものを受けなくてはいけないことを知りました。

まず、教育委員会に、就学相談を申し込むのです。

就学相談とは、子供の個々の力を十分に伸ばすためにはどんな支援や教育環境が必要なのか、児童、保護者、教育委員会の間でともに考え、就学先を決定することです。

 

希望する就学先は?

選択できる就学先として

・一般学級

・一般学級+通級指導教室

・特別支援学級

・特別支援学校

以上の4つがありましたが、レオはこの時点で中度の知的障害があったので、一般学級のお勉強はとてもできそうにありません。

というわけで、一般学級も通級も考えていませんでした。

そうなると、校区の小学校の特別支援学級がいいのか?

実はレオが年少の時から、小学校の特別支援学級は見学に行っていました。

どういった支援が受けられるのか、どういった環境なのか、早めに知っておきたかったからです。

実際に見学してみて受けた印象は「軽度の子が中心なんだなあ」ということでした。

・子供達が、先生やクラスメイトと言葉でコミュニケーションを取っている

・席に座って先生やクラスメイトの話を聞いている

・トイレは一人で行って、一人で帰ってきている

・休み時間は遊びに出かけても、チャイムが鳴ったらちゃんと帰ってきている

どれもレオには無理だなあと感じたことです。

 

当時のレオは、

・トイレが一人でできない(尿意を大人にうまく伝えられないし、トイレ行った時の後始末も一人ではできない)

・食事が下手。スプーン、フォークは使えるけれど、食べこぼしがひどい。手づかみするときもある

・着替えもファスナーやボタンが難しく、前後や左右を間違うことがある

・興味のないものを前にすると座ってられず離席してしまう

 

これは・・・集団生活で力を伸ばそう!というより、まず身辺自立を目標に頑張ろうね!というレベルですよね。 

そして、特別支援学級は20人近い生徒数に先生が3人でした。

軽度の子が多いとはいっても、そこは特別な対応が必要な子達が集まるクラスです。

先生の数が十分足りているという状況ではなかったと思います。

そんなクラスで、言葉が出ないレオが困っていたとしても、気づいてもらえないんじゃないか?と思いました。

だって、レオは「せんせい」と声をかけることもできないのだから。

その点、支援学校は大人の目が圧倒的に多いのです。レオには、より手厚い配慮が必要だと思いました。

(実際、特別支援学校の小学部1年生のレオのクラスは生徒7人に対し、担任の先生が5人です)

 

※公立小学校の特別支援学級は、学校によって規模や対応がかなり違うので、通う予定の小学校は必ず見学に行ったほうがいいです。これは、レオの校区の小学校の支援学級の様子であって、他の小学校が同じとは限りません。療育センターのようなきめ細かい対応を行っている学校もあれば、特別支援学級としてうまく機能していない学校もあるかもしれません。

 

そして、ポイントはもう一つ。

レオが集団生活で、お友達と近い距離で過ごすことを楽しめるかどうか、ということ。

たとえ、身辺自立が不十分でも、お友達と一緒に遊びたい!という気持ちが強い子であれば、小学校を選んだかもしれません。

でも、当時のレオは、まだ自分の世界の安定を求めていて、同年代の子供との繋がりを求めているようには見えませんでした。

以上のことから、レオの希望の就学先は、特別支援学校で行こう!と決めました。

説明会の後、すぐに就学相談の申込書に希望の就学先を書いて、教育委員会に提出しました。

(もし、父親と母親で希望の就学先が違うとしたら、就学相談の場がやってくる前に、両親で希望先は一致させておいたほうがいいです。両親が同じ考えかどうか、実際に聞かれました。)

レオは5月に申込書を提出し、就学相談の案内があったのは7月でした。

 

ここで大事なのは、希望の就学先を出したとしても、それが必ず通るわけではないということ。

親の希望はあくまで親の希望。就学相談で発達検査や知能検査を行うことも多いです。

集団の中で、子供がどういう行動をするかもチェックされます。

その結果、教育委員会の意見が異なる場合もあるのです。

 

次回は、レオの実際の就学相談がどんな感じだったかを書いていきたいと思います。

新生活が始まりました!

f:id:kasumi-koto:20180410114418j:plain

 

長かった春休み

新年度が始まりましたね!

レオは特別支援学校の小学部1年生になりました!

メグも近所の幼稚園に入園したので、この春の入園・入学準備はダブルでほんとに大変でした。

まだ新学期が始まったばかりで給食もないので、午前中だけではあるのですが、一人で過ごす時間ができたことに感動しています。

自由だ!!!

なんて贅沢な時間なんだろう・・・。

レオの学校生活が落ち着いたら、放課後等デイサービスも利用する予定です。

 

春休みは短いようで長くて・・・疲れましたね。

子供たちが家にいれば、床は足の踏み場のないほどおもちゃで埋め尽くされ

些細なことできょうだい喧嘩が勃発、ギャーギャーと泣き喚き大騒ぎです。

レオは機嫌が悪くなると、叱られるような迷惑な行動や、親が焦って止めるような危険な行動をわざと取ることが多いので、それに関しては毎日神経をすり減らしていました。

機嫌の悪いレオがどんなことをするかと言えば、例えば・・・

・本棚の本や書類を片っ端から床に投げ捨てる

・家電のリモコンを蓋が外れて電池が飛んでいくまで投げつける

・DSやスマホを水に浸ける

・熱いとわかってるキッチン家電や調理道具をわざと触ろうとする

要するに私が慌てて「やめて!!」と止めに入ることをしているわけです。

やっちゃいけないことはわかっているんですけど、言葉がうまく話せない彼は

自分の中のイライラや怒りを、そうやってアピールしているんですね。

壊れたものは数知れず・・・

うちにあるリモコンはみんな壊れかけだし、水に浸かったDSやスマホは当然壊れました。

6歳になり、成長してできるようになったことも多いけれど、半面、対応が難しいと感じることも増えてきたように思います。

 

就学活動について

レオは地元の小学校の特別支援学級ではなく、特別支援学校を就学先に選びました。

私は最初から支援学校の方を希望していたので、その通り就学ができて満足しています。

障害があったり、発達に心配な面があるお子さんにとって、就学先の選択というのは

重要です。

地元の小学校の通常学級に行くのか、通級に行くのか、特別支援学級に行くのか、または特別支援学校に行くのか・・・

レオの就学活動がどんな感じだったのか、これから漫画で少しずつ描いていきたいなと思っています。